貸家リフォーム

今回は築30年程度の貸家のリフォームです。

長く借りて頂きたいと思い、あえて対象を若い家族向けに絞りました。

30年前と現代とでは生活様式も異なります。

柱が見えていたり、元の部材が露出するところはダークな色で汚れや使用感を消し、建具をその色に合わせました。

床面には、既存のフローリングの上に高級感のあるクッションフロアーを貼りました。

クッションフロアはわずかな弾力性がありデザインも豊富です。

表面強度を強くしたタイプもありますので、病院、法人事務所、ショップ、飲食店などの店舗など幅広く使われています。

このような既存フローリングへの重ね貼りは比較的簡単に工事ができ、張替えよりも費用を抑える事ができますが、湿気で下地材が傷んでいたり、床がプカプカしている場
合は下地のやり替えが必要です。

水廻りも一新しまして、浴室はユニットバスにしました。