屋上防水工事(通気緩衝工法)

屋上の防水工事です。通気緩衝工法とは、何の通気だ?と思われるでしょうが、工事前の屋上の水分を防水層の下から逃してあげよう、というものです。
シートの下を空気が通り、脱気筒を抜けて行きます。
水分を含んでいる屋上などにいきなり塗装で防水をしてしまいますと、水蒸気により塗膜が膨れ上がってしまいます。