「長期優良住宅」カテゴリーアーカイブ

長期優良住宅のご紹介

断熱仕様
・屋根:ネオマフォーム95mm
・ 壁:アクリアネクストα 105mm
・ 床:ネオマフォーム80mm

UA値は0.41と高性能です。
※UA値:外皮平均熱貫流率の値を表し、値が小さいほど高性能です。北海道レベル0.47も凌ぐ値になっています。


主な装備
・ダクトレス熱交換型換気システム
・樹脂サッシ&トリプルガラス
・壁・天井に杉板を張りました。
・所々エコカラットを使い さらに調湿・消臭効果が期待できます。
エコカラット詳細https://ecocarat.jp/features/

二世帯住宅(長期優良住宅)

二世帯住宅の長期優良住宅です。

外壁に防火性能に優れたヘーベルのパワーボードを採用。

床断熱と屋根断熱は旭化成建材のネオマフォーム80mmを採用し、壁断熱は高性能グラスウールを採用

開口部は気密性と断熱性に優れた樹脂サッシを採用。

防火性能・遮音性能・長期断熱性能に優れた住みやすい住環境をご提供させて頂きました。

長期優良住宅

新築並みにお金のかかる大規模リフォームをお考えの方に佳築の提案です。(古民家等は別です)


次世代の為に今、高性能住宅を築き、ライフスタイルの変化に応じて次の世代が手を加えていく。

現状の家を大規模リフォームして次の世代に残すよりも、住宅性能から見直しませんか?

健康・耐震・省エネ・コスト、様々な面でプラスになる事が多いと思います。

収納たっぷりの長期優良住宅

長期に渡って住宅性能を維持する「長期優良住宅」

佳築の長期優良住宅は収納にも配慮しています。

シューズルームが2畳、納戸が3畳、ご夫婦それぞれに3畳のWIC(ウォークインクローゼット)

洗面脱衣室は、階段下に収納を確保しました。

長期優良施工例Vol2

長期優良住宅施工例のご紹介です。
新築の記念にお子様の手形をタイルに残しました。
これからどんな時を刻まれるのでしょうか?

長期優良住宅Vol1

※平成21年12月9日、日刊木材新聞に取材されました。
長期有料住宅とは
一般住宅に比べ、耐久性・耐震性が高く省エネ性能に優れるなど、長期間、良好な状態で住まい続けられる措置が講じられ、長期にわたる維持保全の計画が立てられている住宅が「長期優良住宅」です。
長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅として平成21年6月4日に施行されました。
お施主様が末永く安心して暮らせる為に国が定めた住宅の基準です。
構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画などが法律によって義務付けられています。
長期優良住宅に認定されると所得税等の減税やローン金利の優遇など様々なメリットがあります。
詳しくは弊社までお問合せ下さい。