「リフォーム」カテゴリーアーカイブ

傾いてしまった家を元通りに

今回は「お住まいの傾き修正」です。

自然災害などによるものなど、家が傾く原因は様々ですが、、、

傾きに関する感じ方には個人差があり、中にはめまいや吐き気などといった健康障害も報告されているようです。

「全体的に扉や建具の建て付けが悪い」「あちこちから隙間風が吹き込む」などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

工事の様子を簡単にご紹介します。

  1. 基礎を開口し、床板を取って土台のアンカーボルトをゆるめます。
  2. 配管の切り離し等をします。
  3. 全体のバランスを保ちながらジャッキアップします。
  4. 水平を確認し、補修工事をします。

是非、地盤調査の重要性についてお考え下さい。

築30年のお住まいをリフォーム

現場は神奈川県の三浦半島にある葉山町。

およそ築30年のお住まいのリフォームです。

弊社施工例としては遠方の現場となりますが、富士宮のお施主様のご実家という事もあり、また、実際にお会いしてお話を伺うと「近くに信頼できる工務店を知らないから」と身の引き締まるお言葉を頂き、建築屋として精一杯の仕事をさせて頂こうとお引き受け致しました。

建物の設計をする時は、特に水廻りの方位に気を遣います。

今回のお施主様も方位に気を配られていらっしゃいましたので、浴室、トイレの位置を思い切って変更するようご提案させて頂きました。
shinshitsu
洋室はキッチンへと、大きく用途を変えました。
yoshitsu
洋室2は収納を撤去して部屋のスペースを広げました。
yoshitsu2
和室はリビングへと、用途を変えました。
washitsu

キッチン増設+ベランダ拡張など全面リフォーム


中古住宅の購入に伴い全面リフォームを致しました。

主な改善点は水廻りの方位改善

リビングスペース確保の為、キッチン部分を増築しました。

ベランダは張り出しを大きく増設しました。

和室がクローゼットを備えた洋室に、納戸は窓を増設して明るくなりました。

階段も作り直し、お二階へのアプローチがし易くなりました、

浴室もタイル張りからユニットバスに改装してあります。

築25年の住宅をリフォーム

築25年の住宅をリフォームしました。

ビンテージな趣はそのまま残し、これまで収集した書画骨董等とも調和するよう計算してあります。

「蕎麦を打てるような広いカウンターが欲しい」というご要望に、キッチンには大型カウンターを配置しました。

「蕎麦を打てる」というご要望に添って、カウンターに集成材の天板を載せただけですが、ご覧のとおりの広々とした調理スペースを確保しました。

「調理や収納が楽になった」との感想を頂いています。仕上げはホワイト系の水性ウレタン塗料で仕上げています。

同時に「使わなくなった和室を事務所に」というご要望もありました。

しかも8帖という限られた空間の中、書物、事務用品等を効率よく収納するため棚を2段にしてあります。作業導線にも配慮して高さにも気を使いました。

実用一辺倒だと、とかく殺風景になりがちなオフィスの雰囲気ですが、出来るだけ多くのカラーを取り入れ、あえて棚の奥行きを変えるなどメリハリにも気を遣いました。

クロスの上から塗装し、柱や梁はブライワックス※で仕上げています。

アクセントとして、モザイク模様にガラスタイルを貼りました。磁器タイルとは異なり、ガラスタイルには透過性があります。

※ブライワックス=アンティークを大事にする欧米で人気の着色ワックス、これから日本でも流行ると思います。