長期優良住宅Vol1

※平成21年12月9日、日刊木材新聞に取材されました。
長期有料住宅とは
一般住宅に比べ、耐久性・耐震性が高く省エネ性能に優れるなど、長期間、良好な状態で住まい続けられる措置が講じられ、長期にわたる維持保全の計画が立てられている住宅が「長期優良住宅」です。
長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅として平成21年6月4日に施行されました。
お施主様が末永く安心して暮らせる為に国が定めた住宅の基準です。
構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画などが法律によって義務付けられています。
長期優良住宅に認定されると所得税等の減税やローン金利の優遇など様々なメリットがあります。
詳しくは弊社までお問合せ下さい。